七五三の写真館おすすめガイド

子どもの七五三撮影に選びたい東京の人気写真館ナビ

七五三の写真館おすすめガイド » 七五三の写真撮影におすすめな神社【東京編】 » 水天宮の七五三写真

水天宮の七五三写真

安産・子授けのご利益があるとして全国的に有名な東京水天宮は、七五三の祈願を行ってもらう神社としても人気です。ここでは東京水天宮の七五三祈願の特徴や、思い出の記念写真を撮影するポイントなどを紹介します。

安産・子授かりの神として有名な水天宮

水天宮とはどんな神社?

水天宮は、福岡県久留米水天宮を総本宮として、日本全国に分社が点在している神社であり、東京の日本橋にある水天宮は、全国の水天宮分社の中でも特に、安産や子授けのご利益があるとして多くの人々から愛されている神社の1つです。

現在の社殿は2016年に完成したばかりの、とても美しく近代的なデザインとなっており、さらに建物は地震に備えて免震装置で支えられているなど、一般的な神社仏閣とは雰囲気が異なっている点も特徴でしょう。都会の中にあるため、有名な神社にしてはそれほど広くありませんが、最寄りの水天宮前駅からは徒歩1分、さらに周辺には他の駅が複数あるなど交通の便も良く、戌の日には沢山の人が参拝に訪れています。

水天宮の参拝や混雑

水天宮は、普段の平日であればそれほど混雑している神社ではありません。しかし、全国でも有数の安産・子授け神社ということもあり、戌の日には妊婦さんやその家族が安産祈願に水天宮を参拝します。その上、七五三詣でも人気の神社であり、特に10月下旬から11月15日までの七五三シーズンにある土日・祝日や、戌の日は、受付まで1時間以上かかるなど混雑が見込まれます。

また、水天宮では、七五三詣での事前予約や時間指定の受付が行われていません。そのため、混雑を避けるには、平日で、かつ戌の日を避けることが無難です。

初穂料の相場は5千円からとなっており、どれくらいの金額にすべきか迷った場合は5千円を納めると良いでしょう。

水天宮の基本情報

住所 東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
アクセス 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅(5番出口)より徒歩1分
東京メトロ日比谷線 人形町駅(A1出口)より徒歩6分
開門・閉門時間 7:00~18:00(受付は8:00~15:30、戌の日のみ16時まで)

七五三は水天宮で!

着物レンタルをしてお宮参り

東京日本橋の水天宮は全国的に有名な神社であり、周辺には人気の写真館やフォトスタジオ、着物のレンタル店も数多く揃っています。

写真館などでは、七五三衣装として着物のレンタルから、家族揃っての記念撮影までをセットにしたプランも提供されているため、大切な思い出を美しく残したい人には、プロが撮影してくれる写真館を選ぶことがおすすめです。衣装の種類や数はお店によって異なるので、納得できる写真館を選びましょう。

水天宮内には記念撮影サービスなどはない

水天宮では、七五三用の着物レンタルや記念写真の撮影サービスなどが提供されていません。そのため、原則として必要な着付けやヘアセットは、全て神社を参拝する前に済ませておくことが必要です。また、事前の参拝予約も行われていないので、着物レンタル店などを利用する場合は、余裕を持ったスケジューリングをしておくことが大切です。なお、境内での撮影はOKなので、晴れ着姿の子どもの写真を自由に撮影することができます。

 
七五三の写真館おすすめガイド