七五三の写真館おすすめガイド

子どもの七五三撮影に選びたい東京の人気写真館ナビ

七五三の写真館おすすめガイド » 七五三の写真撮影におすすめな神社【東京編】 » 神田明神の七五三写真

神田明神の七五三写真

東京千代田区の神田明神は、日本三大祭の1つである神田祭の舞台であり、七五三でおなじみの千歳飴の発祥の地としても知られる由緒正しい神社です。七五三の写真撮影ができるスタジオが完備されている点も特徴です。

千歳飴発祥の地といわれる神田明神

神田明神とはどんな神社?

東京都千代田区にある神田明神は、正式名称を「神田神社」といい、神田や日本橋、秋葉原、丸の内など、日本経済を代表する108町会を氏子地域に含む由緒正しい神社です。日本三大祭りの1つである「神田祭」を取り仕切る神社として知られ、アクセスも良いので、毎年30万人以上が参拝する日本有数のパワースポットとしても人気を集めています。

また、神田明神は七五三でおなじみの千歳飴発祥の地ともいわれており、現在の千歳飴は元々、神田明神の社頭で販売されていた「祝い飴」であったとされています。そのため、七五三詣で訪れる人も多く、神田明神の「明神会館写真室」では七五三詣の記念写真が撮影できるプランなども提供されています。

神田明神の参拝や混雑

神田明神は非常に有名で人気のある神社であり、普段から数多くの参拝客が訪れる神社です。特に、土日は結婚式で活用されることも多く、また千歳飴発祥の神社という特徴から、10月下旬~11月15日の七五三シーズンは参拝客が増えることもあり、混雑を避けようと思えばなるべく平日に訪れるべきといえるでしょう。加えて、受付時間は午前9時~午後4時で、事前予約は受け付けられていないため、七五三詣には時間の余裕を持って訪れることが重要です。

なお、受付場所は鳳凰殿・昇殿参拝受付となっていますが、土日や繁忙期では、時間帯によって奥御殿での参拝になることもあります。

初穂料は1万円からとされているので、参考にしてください。

神田明神の基本情報

住所 東京都千代田区外神田2-16-2
アクセス 中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分
東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩5分
京浜東北線・山手線「秋葉原駅」電気街口より徒歩7分
開門・閉門時間 24時間開門(七五三詣の受付は9:00~16:00)

七五三は神田明神で!

着物レンタルをしてお宮参り

神田明神は千代田区にあって最寄り駅からのアクセスも良く、周辺エリアには数多くの写真館やフォトスタジオ、着物レンタル店が揃っています。そのため、着物レンタル店で七五三衣装を着付けてもらったり、衣装レンタルから写真撮影までがセットになった、写真館やフォトスタジオの七五三プランを利用することもおすすめです。

七五三の記念写真は後からの撮り直しができないため、お店やスタジオ選びは妥協しないようにしましょう。

神田明神では着物レンタル・記念撮影も可

神田明神では、専用の撮影スタジオが完備された「明神会館写真室」があり、アルバムの種類や冊数、ポーズ数などによって29,500~84,000円が基本の料金として設定されています。営業時間は10時~18時(火曜定休)となっており、七五三詣の後に落ち着いて撮影してもらえます。ただし、より写真のクオリティにこだわりたい人や、衣装選びを重視したい人は、専門の写真館やフォトスタジオを検討してみても良いでしょう。

 
七五三の写真館おすすめガイド