七五三の写真館おすすめランキング

子どもの七五三撮影に選びたい東京の人気写真館ナビ

HOME » 七五三の写真撮影Q&A » 撮影の時期は?

撮影の時期は?

七五三の時期って?

そもそも、「七五三」のお参りはいつ行えばよいのでしょう?

「そろそろ七五三の時期ね」…なんていう言葉はよく耳にしますが、いざ子どもができ、保護者となってみると「あれ?七五三って何月何日に行えばいいの?」と疑問に思う方も少なくないようです。

「七五三」は、本来、11月15日に行われる行事。「七五三」がこの日に行われるようになった理由は諸説あるそうです。

まずは、11月15日は二十八宿という暦で、11月の「鬼宿日(きしゅくにち)」と呼ばれる吉日に当たることから、鬼に邪魔されずにお参りができるとされて始まったというもの。それから、旧暦の霜月(11月)の15日は、秋の収穫を祝う「霜月祭」と呼ばれる日で、この大切な「霜月祭」の日に子どもの成長も祝うために始まったという説。また、11月15日の日に、五大将軍綱吉の子=徳松の神尾気のお祝いが行われたから。という説もあるそうです。「七五三」は、もともとは昔の貴族や朝廷の中での儀式だったので、そのことも11月15日に七五三が行われることと関係しているようです。

七五三の時期を外してお参りや撮影をすることも

しかし、最近では、あえて時期を外して七五三の行事を行うお家も増えているようです。両親の仕事の都合や親族のスケジュール、お参り先の神社の混み具合いを予想して、必ずしも11月15日ということではなく、10月中旬~11月前半の吉日や土日祝日などを利用して行う方も多いようです。

10~11月は混雑に注意

最も神社が混雑するとされているのは、11月15日当日と、その前の週の土・日曜日や祝日。11月15日より前は、やはり「七五三」のピークとなり、神社も相当混雑するようなので、あえてここを避けて、11月の後半にお参りすることも一つの良策だと思います。

また最近は、写真撮影をする際に、プロのカメラマンに同行してもらって、一連のお参り風景を撮影してもらう神社での七五三ロケ撮影(出張撮影)を行うケースも増えているようです。こういった場合はとくに、子どもの機嫌を考慮すると、混み合っている神社よりも、日にちをずらしてゆったりと撮影したほうが、子供ののびのびしたいい表情を撮影してもらうこともできますよね!

ですので、とくに、11月15日当日とこだわらずに、日程を11月の後半の吉日にずらすなど、思い切って賢い選択をして、ゆったりと「七五三」の行事を行うこともおすすめですよ!

七五三の写真撮影は何月ごろがベスト?

七五三写真の前撮り・後撮りがおすすめ

「七五三」には、きちんと記念の写真を残したいですよね。「七五三」の写真撮影のシーズンは10~11月がピーク。大きい写真館やフォトスタジオなどでも、シーズンの間は非常に混雑するため、写真撮影をしたい日が決まったら、早めに予約を取ることが必須となります。

着付けやヘアメイクから撮影に至るまで、「混みあうのがイヤ」という場合は、前撮りや後撮りを利用することをおすすめします。

最近では、写真スタジオなどが七五三のシーズンを避けた前撮りキャンペーン後撮りキャンペーンというものを行っています。

最も早いところでは、4月頃から撮影料割引などのお得なキャンペーンが行われることもありますが、7月頃から、夏休みにプールや海で日焼けをする前に、写真を納めておきたいと考えるご家族に推奨するキャンペーンも。
また、子どもの成長は早いですから、「おおよそ、七五三という行事の本来の時期に則っりたいけれども、混雑は避けたい」というご家族のために、8月頃からお得な前撮りキャンペーンを開始する写真スタジオもあります。

「前撮り&後撮りキャンペーン」は、撮影料が割り引きになるほか、さまざまな特典がついて来ることが多いので、撮影をお願いしたいと思っているフォトスタジオのキャンペーンをチェックするなど、お得に活用されることをおすすめします♪

 
七五三の写真館おすすめランキング