七五三の写真館おすすめランキング

子どもの七五三撮影に選びたい東京の人気写真館ナビ

HOME » 七五三の写真撮影Q&A » 女の子の衣装選びのコツは?

女の子の衣装選びのコツは?

女の子が七五三で着る衣装選びのポイントを見ていきましょう。女の子の七五三のお祝いは、基本的には3歳と7歳。まずは基本を押さえておきましょう。

女の子の七五三の基本的な装い

三歳のお祝い「髪置き(かみおき)の祝い」のポイント

【お祝いの意味】
ずっと剃っていた髪の毛を伸ばし始めることを祝う儀式。

  • まだ幼さが残る三歳のお祝いでは、晴れ着を着て帯を付ける。
  • 袖なしで襟付きの朱色の「被布(ひふ)」をはおるのが一般的。
  • リボンや花簪の髪飾りをつけて、かわいらしく飾る。
  • 履き物は畳表の甲堀(こっぽり)というものや、金襴地張りの腰高の草履を履く。
  • 手元には着物の柄に合った巾着を持つ。

七五三写真の前撮り・後撮りがおすすめ

「三歳」の行事では、お宮参りのときに着せた祝い着を仕立て直して着せるケースも多いようですよ。

履きなれない草履などの履き物は、あらかじめ履かせて少し慣らしておくとよいかもしれませんね。子どもにとって、初めての草履は、苦痛で疲れてしまうことも多いようです…。

七歳のお祝い「帯解き(おびとき)の祝い」のポイント

【お祝いの意味】
はじめて帯を結ぶという意味のお祝い。それまでは着物に着いた紐を結んでいたのが、七歳になると着物のつけひもをとり、きちんと帯を結んで着るようになるという意味が込められています。

  • 少女らしさが出てきた七歳のお祝いでは、振り袖に本格的な帯を結ぶ。
  • 大人用の寸法の振り袖を、肩挙げや腰挙げをして着せる。
  • はこせこと扇子を胸元にいれ、志古貴(しごき)という芯のない帯を帯下に結ぶ。
  • 手元にはハンドバック、足元はぽっくりか草履を履きけば完成。

髪飾りやメイクは?洋装を着せたい場合は?

3歳の七五三衣装

衣装が決まったら、次に決めたいのがヘアとメイク。ヘアスタイルは、七歳のものは昔からアレンジが豊富にありましたが、最近では三歳の七五三のヘアスタイルも多様化してきているようで、アップにして、かわいい髪飾りをつけて華やかにすることも可能になりました。

三歳の最近の主流は、2つにまとめたおだんごスタイル。髪の量が少ないけれど、大丈夫?なんて心配はご無用。七歳の子もともに髪の毛の量が多くない場合は、つけ髪(ウィッグ)を使えば問題ありません。

子供の髪はさらさらしていてまとめにくいので、整髪料できちっとまとめ髪を仕上げておくことが最も重要なのだそう。おだんご部分をつけ髪にして、ボリュームをもたせると華やかでかわいらしい雰囲気になりますよ。

3歳・7歳の七五三衣装

また、同じアップでも全部あげるか一部あげるかで雰囲気が変わってきます。子どもと楽しみながら、どんな髪型にするか決めておくのも楽しみですよね!

三歳の子も七歳の子も、ちょっぴり大人っぽいメイクをしてあげるのも可愛らしくなっていいですよ。

また、洋装にしたい場合は、かわいらしいお姫様のようなドレスなどがフォトスタジオにも豊富に揃っているので、利用するのも一つの手です。七五三を機に新調したい場合は、ほかの行事でも着られるものにしておくとあとあと便利です。七歳の女の子なら楽しんで自らドレス選びをしてくれそうですね。ぜひとも、親子ともに納得がいく衣装選びができると良いですよね。

子どもに似合う色が見つかるカラー診断チャート

ここで、カラー診断チャートを紹介します。お子さんのキャラや肌の色にあった似合う色がわかるチャートです。質問にYES・NOで答えて進んでみてください。結果を、ぜひ参考にしてみて下さいね。

Q1、子どもの性格はおっとりやさしい。のんびり派である
→YES Q2へ
→NO Q3へ

Q2、肌の色は日焼けするとすぐに赤くなる。また色白肌だ
→YES 結果Aへ
→NO 結果Bへ

>Q3、肌はこんがり日焼けした元気肌だ
→YES 結果Cへ
→NO 結果Bへ

  • 結果A
    パステルカラーなどの明るくて優しい色が似合います。
    色味が濃くて渋めの色はちょっぴり苦手です。
  • 結果B
    どの色もかわいらしく着こなせます!
    明るい子どもらしい色がとくにおすすめです。
  • 結果C
    色が濃く、ハッキリした色のものが似合います。
    パステルカラーが苦手です。
 
七五三の写真館おすすめランキング