七五三の写真館おすすめランキング

子どもの七五三撮影に選びたい東京の人気写真館ナビ

HOME » 七五三の写真撮影Q&A » 男の子の衣装選びのコツは?

男の子の衣装選びのコツは?

男の子の七五三は三歳と五歳

「七五三」のときの男の子の衣装選びの基本を紹介します。昔は、男の子の「七五三」の行事は、数え年の三歳と五歳のときに行われていましたが、現在は、三歳に行うのは地方では残っているところもあるようですが、基本的には、満年齢で五歳のときにお祝いします。

ここでは、三歳と五歳のときに着るとよい男の子の「七五三」の衣装についてまとめています。

「七五三」のときの男の子の正装って?

三歳のお祝い「髪置き(かみおき)の祝い」の衣装選び

【お祝いの意味】
ずっと剃っていた髪の毛を伸ばし始めることを祝う儀式。

  • 羽二重熨斗目(はぶたえのしめ)模様の紋付二枚襲(かさね)を着る。
  • へこ帯を締め、袖無し羽織りを着る。
  • 鼻緒のついた平底の和装用の履き物を履く。

元気な男の子は、とくに履きなれない草履やぽっくりなどは、あらかじめ履き慣らしておくとよいでしょう。一般的には、三歳のお祝いには、お宮参りの「のしめ」を転用する場合が多いようですよ。

五歳のお祝い「袴着(はかまぎ)の祝い」の衣装選び

【お祝いの意味】
女の子の帯と同様に、はじめて袴を履く事を祝う儀式。

  • 紋付の着物に羽織&袴が正式な晴れ着。鷹や兜などの勇ましい柄が良いでしょう。
  • 白い鼻緒のぞうりを履く。
  • 懐剣や末広(扇子)を持たせて、凛々しい男の子姿にします。

男の子の七五三衣装

五歳の行事では、袴を着せるときに、男の子を碁盤のうえに立たせて吉方に向かい、「袴親」として親族から選ばれた人が、袴のひもを結んではかせてあげるといった風習もあるようです。

羽織や袴の柄は、一般的には色紋付の羽織に、無地や縞の袴を合わせます。羽織のひもは白、白い足袋、白い扇子(末広)に白い鼻緒の雪駄をあわせるのが基本です。

また、珍しいパターンですが、「七五三」の行事を洋装にしたい場合は、ブレザーやスーツなどを選ぶことが多いようです。「七五三」を機会に洋装を新調するという場合は、たとえば小学校の入学式にも着ていけるようなブレザー上下にするなど、あとあと使えるものを選ぶと重宝しますよ!

子どもに似合う色が見つかるカラー診断チャート

ここで、カラー診断チャートを紹介します。お子さんのキャラや肌の色にあった似合う色がわかるチャートです。質問にYES・NOで答えて進んでみてください。結果を、ぜひ参考にしてみて下さいね。

Q1、子どもの性格はおっとりやさしい。のんびり派である
→YES Q2へ
→NO Q3へ

Q2、肌の色は日焼けするとすぐに赤くなる。また色白肌だ
→YES 結果Aへ
→NO 結果Bへ

>Q3、肌はこんがり日焼けした元気肌だ
→YES 結果Cへ
→NO 結果Bへ

  • 結果A
    パステルカラーなどの明るくて優しい色が似合います。
    色味が濃くて渋めの色はちょっぴり苦手です。
  • 結果B
    どの色もかわいらしく着こなせます!
    明るい子どもらしい色がとくにおすすめです。
  • 結果C
    色が濃く、ハッキリした色のものが似合います。
    パステルカラーが苦手です。
 
七五三の写真館おすすめランキング